駒嶺商店ロゴ
希少な風間浦鮟鱇を
味わう。

冬の津軽海峡で水揚げされた
旬の鮟鱇の味わいを
家庭でも楽しみたい。
そんな願いを現実にするために
下北の冬の味覚「鮟鱇のとも和え」を
缶詰にギュッと閉じ込めました。
懐かしいふるさとの味を
いつでも食卓で。

厳寒の下北半島
風間浦村

二〇一九年六月に開催された
G20大阪サミットの首脳夕食会において
食材のひとつとして
風間浦鮟鱇が提供されました。
その高級魚の
日本有数の水揚げ量を支える漁師たちは
寒風吹きすさぶ冬の津軽海峡へ
今朝も船を出します。

下北半島
活きたまま
水揚げされる鮟鱇

非常にデリケートである鮟鱇は
水揚げ時には弱っているか
既に死んでしまっていることが多くあります。
しかし、刺し網漁や、伝統のからなわ釣りにより
活きたまま水揚げできることが
風間浦鮟鱇の評価を高めている
要素のひとつです。

ふるさとの香り、
懐かしのとも和え

青森県下北半島の津軽海峡に面した村々では、
昔から「鮟鱇のとも和え」が
各家庭で作られてきました。
毎年雪が降る季節になると
食卓にならび始めるとも和えは
ふるさとの懐かしい記憶のひとつとして
思い出に残っています。

鮟鱇の村

毎年十二月、鮟鱇漁が始まると
風間浦の鮟鱇を目当てに
全国各地からファンがやってきます。
朝の港は活気づき
ホテルや温泉宿でも鮟鱇料理をふるまい
村は鮟鱇一色になります。

駒嶺商店の、
【鮟鱇とも和え缶詰】
【鮟鱇鍋レトルト】
新発売です。